外国人のお客さん向けのコールセンター

コールセンターのスーパーバイザーとは顧客から取引先からの問い合わせやクレームの取り扱いを行うコールセンターの業務の高度化と円滑化を行う役割を担う仕事です。どの家電メーカーにおいてもコールセンターを設置していますが、必ずしも問い合わせ・クレームに対して適切な対応を行えるとは限りません。それが業務の遅滞、さらにはイメージの悪化などのマイナスをもたらしてしまうことも多々あります。スーパーバイザーはそんなコールセンターの業務の質を高めるための業務を担います。

 

具体的には実際に問い合わせに応じるオペレーターの育成や指導、インバウンドやアウトバウンドコールの管理、応答率や稼働率などの業務環境の調査・分析など。グローバル家電メーカーともなるとこうした業務も国際的なものとなります。海外の顧客や取引先との応対を行うほか、インバウンド・アウトバンドコールの管理においても英語力が求められます。求人情報を見てもTOEIC800点前後が条件として設定されています。顧客に対する基本的な英会話能力はもちろんのこと、ビジネス英会話の能力も求められるため語学力が欠かせない資質となるのです。

 

グローバル家電メーカーではとくにこのコールセンターのスーパーバイザーの価値が高く、国内メーカーからの転職を目指す人も増えています。それはグローバル家電の方がこの職種の役割と責任が明確になっており、求められる役割に専念できるのが大きな理由として挙げられています。離職率が高い一方、より働き甲斐のある職場を目指し、英語力の強化を目指しているスーパーバイザーも増えている状況なのです。