伝統的に英語力が問われる求人といえば貿易

貿易営業は語学力が絶対に欠かせない仕事です。とくにマネージャー職ともなれば現場を統括する能力だけでなく、会社を代表する立場として国内外企業と交渉する能力が求められます。現場で活躍するため、そしてこの仕事でキャリアを積んでいくためにはTOEIC800以上は必須といってよいでしょう。

 

貿易といえば輸出入をビジネスとして行う仕事が連想されますが、では実際に貿易営業やマネージャー職はどのような仕事を行っているのでしょうか。まず知っておく必要があるのはビジネスの相手が必ずしも海外企業とは限らないこと。国内企業、あるいは国内企業の現地法人を相手にビジネスを行う必要があります。また取引相手の国の貿易の仕組みや税制なども考慮したうえで交渉を行っていくスキルも必須、とくにマネージャー職ともなるとこの点がとくに重視されるでしょう。また、マネージャー職では貿易事務の仕事とも関わる必要があるため、基本的な事務スキル、また書類作成などに関わる英語力も求められます。TOEIC800点の英語力を持っているからといって必ずしも問題なく業務をこなせるというわけではないのです。数ある英語力が求められる求人の中でももっとも柔軟な語学力が求められる仕事といってもよいでしょう。

 

営業の場合は海外へ直接出張してビジネスを行う機会も多くなります。貿易の仕事はキャリアを積めば積むほどスキルを積み重ねていくことができるといわれますが、営業の場合はその傾向が顕著。語学力が得意な人にとっては世界を舞台に自分の可能性を追求していくことができる魅力的な仕事といえるのではないでしょうか。