外国人客の対応と、外国人スタッフの管理力が必要な店舗マネージャー

フードビジネス業界の店舗マネージャーではそれほど語学力は求められない印象もありますが、店舗のエリアやチェーン店の種類によっては高い英語力が採用条件になっているケースも増えています。

 

その理由としてはまず外国人利用者の増加。とくに観光名所ともなると外国人観光客が重要な顧客となります。満足してもらえるサービスを提供するためにも語学力が必須なのです。この点に関しては店舗スタッフが外国人に対して適切な応対ができるかどうかの管理も含まれます。外国人の傾向やマナーなどをスタッフによく浸透させ、トラブルが起こらない営業環境を心がけるわけです。そのため語学力だけでなく、外国人の文化や国民性などの把握も求められます。

 

店舗マネージャーの仕事には経理や予算の管理、店舗の運営方針の決定など店舗経営全般にも深く関わります。接客業であると同時にビジネスマンとしてのセンスが問われるわけです。そのため外国人利用者が多い店舗では外国人にアピールできる宣伝やキャンペーンなどの販売戦略も必要となってきます。必ずしも語学力が必須というわけではありませんが、外国人の嗜好や傾向などを把握する能力が欠かせませんし、広告やメニューに英語を盛り込む際にはやはり英語力が必要となります。

 

近年では海外に進出するチェーンストアも増えており、店舗マネージャーとして派遣されるケースもあります。飲食経験者で英語ができれば海外勤務の求人も見つけることができます。TOEIC800以上の英語力を備えていれば店舗マネージャーとしての可能性を大きく広げることができるはずです。