英語が活かせる外国人対応の華、ホテルマン

英語力が求められる仕事のひとつにホテルマンがあります。とくにここ数年の間に日本を訪れる外国人観光客の数が急増しており、ホテルとしてもその対応に語学力必須となっているのです。

 

観光客として訪れる外国人の大半は日本語ができません。そのため宿泊先のホテルマンを頼りにすることが多いのです。そのため、ホテルマンはホテル内におけるサービスのほか、滞在期間中の幅広い範囲で外国人観光客に頼られる機会が出てきます。目的の観光地にはどうやって言ったらいいのか、またオススメの観光地や観光する際にはどういった点に注意すればいいのか、など。こうした幅広いニーズに対して対応できるだけの語学力が求められます。コミュニケーションを一通りできるレベルではなく、どんな状況にも対応できるだけの高い語学力が必要です。観光地に関する知識も欠かせないでしょう。

 

また、日本の風習やマナーを知らない外国人観光客がトラブルを起こすケースもあります。日本人滞在客からクレームを受けた場合には外国人観光客への対応も求められるのです。大半の外国人は悪意があってトラブルを起こしているわけではないため、よく説明して納得してもらったうえで改めてもらうことが大事です。この際にも柔らかな表現など、語学力に柔軟性が求められます。TOEIC800レベルの英語力はもちろんのこと、より実践的な表現力も必要です。

 

ホテルマンの質が日本旅行の印象全体を決定付けるケースもあります。困った時にホテルマンが力になってくれれば当然好印象を持つでしょうし、また日本に来たい、そのときにはまた同じホテルに泊まりたいと思うもの。それだけホテルマンの語学力が重要とされる求人が多いのです。